親愛なるボロ坊に捧ぐ

幻獣契約クリプトラクト専用

小ネタ集【ダメージ計算】

引用元
https://wikiwiki.jp/cryptract/小ネタ

新しい参考元様→より正確な数値を算出可能です。ここのとは計算式がそもそも違う事だけは認知して下さい。
http://cryptdamage.kill.jp/index.html

wikiでの当時計算式最終更新者の身として、改めて下記の通り記載します。

【注意事項】

*非公式のものであるため、鵜呑みにはしないようお願い致します。

*訂正箇所があった場合はご意見頂けると嬉しいです。

*数々の先人達の偉大なる功績及び他の情報サイトから引用させて頂いておりますが、全く違う計算式を独自でお調べし公開して下さっている方もいらっしゃいます。本当はここの計算式がそもそも正しくなかった可能性も今はありますが、今までもこれからもこのやり方で概ね通用してしまった為、私はこの式を最後まで言及する事にします。

*倍率の後に「?」があるものは乱数の兼ね合いにより正確ではない可能性があります。

*防御無視スキルで用いると大体以下の計算式でざっくり算出できますので、興味のある方はご活用下さい。敵仕様ドリアードやアグドダイル、ボロ坊並の防御力でなければ防御無視のないスキルでも近い数値は出ます。

 

《基本式》

☆{①攻撃力×②攻撃倍率×狂(200%)-(防御力÷2)}×定数α(0.65?)=③ダメージ×④最終補正

 

《各項目の補足》

◆①攻撃力=(ユニット攻撃値)×(100%+攻撃力LS+晴天+バフ補正値+加護(80%))

・ユニット攻撃値=(基礎値+ハピネス)×刻印×潜在解放上昇率

※三千世界(+100、200%)、ボルテージ(+20~200%)、ギア(+5%×n)、裏ギア(+50%×n)会心の陣(+150%)はユニット攻撃値から乗算し最終的なユニット攻撃値となる。
※「4属性編成の時」における攻撃力LSは後述の「スキル攻撃力LS」と同じ計算式となり、「攻撃力LS」とは異なる扱きとなる。
※加護アイコンでスキル発動時は上記の通り加算される。スキル攻撃力と表記されているが計算上はこちら側の土俵となる。

・バフ補正値=(バフ倍率値+デバフ倍率値)

※リバースにおいて100%以上のバフが反転してデバフになった場合、倍率値としてはそのまま元が残っている状態となる。

(例)ツキノに174%ギガバフを掛けて、自傷デバフ99%の全体単発を放つと-174%+99%=-75%デバフ状態で反映される。反転デバフによりこの補正値が-99%を越える場合は、ダメージとしては99%デバフに統一されていると見なす。

 

◆②攻撃倍率=スキル倍率×(100%+スキル攻撃力LS+霊風)

※天候「狂」発動時は①×②から更に別枠で×2倍となる。防御力は反映されているので暫定的に計算式としてはこちらの枠組みとなる。
神話ティラノサウルスエストに限りフィールドと天候は別枠なので「狂」の効果と他の天候は重複する。プレイアブル天候の狂とフィールドの狂は重複しない。

 

◆③ダメージは基本的に上限となり、{計算値}×定数α(0.65?)となる。下限はユニット攻撃値×0.1であり、相手の防御力で計算値が下限以下となる場合はこれを適用する。

 

◆④最終補正は以下の項目を指す。

属性補完(基本的なクエストは±25%。例外のクエストが幾つか存在。摂理で±25%加減算) 

属性耐性(弱-15?%.無印-30?%.強-60?%)

属性バリア(±25%)

天候濃霧(-25%、潜在解放-40%)

多段バリア(-n%)

ダメージカットLS(-n%、カットLS同士は乗算)

孤軍奮闘(3人で+50%、2人で+100%、1人で+300%)

クリティカル(+50%)

一撃の心得(+200%、ただし天候「狂」「三千世界」は適用外)

キラー(無印+50%、強+100%、滅殺+150%、極+200%、烙印で更に×2倍)

乱数(±15?%) 

これらは互いに全て乗算

 

※属性補正について

属性補完についてパターンを下記の通り示す。

通常クエスト→属性補正±25%

通常クエスト+摂理→属性補正±50%

アトランティカ→属性補正±50%

アトランティカ+摂理→属性補正±75%

極ボロゴスト→有利属性+100%、不利属性-50%

極ボロゴスト+摂理→有利属性125%、不利属性-75%

極グランツヴァルト→属性補正+50%

極グランツヴァルト+摂理→属性補正+75%

ダイナス魔の密林→有利属性+100%、不利属性-65%

ダイナス魔の密林+摂理→有利属性+125%、不利属性-90%

アトランティカのみ、公式から属性補正に関するアナウンスがあったが他はサイレントで実装されておりダメージ表記で判断するしかない。今後においても、特定クエストに関しては公にしないで属性補正含めて様々な仕様がサイレント実装するのがいるのが公式の方針。

元々サイレント仕様変更の多い事も合わさり、ヘルプや告知されていない『非公式』なものは、知らぬ間に仕様が変わる可能性が常にある事は念頭に置いておきたい。